TiMO(ティモ)オールインワンジェルの上手な使い方

TiMO(ティモ)オールインワンジェルは内容量が80gなので、適量使っていれば約1~2ヶ月くらい使用できます。
しかし普通に使うだけではなく、様々な活用方法があるので是非いろいろとチャレンジしていただきたいです!
TiMO(ティモ)は美容成分が優れているオールインワンジェルなので、使い方は無限大です!

 

まずは基本の使い方を知ろう

 

まずは基本的な使い方からおさらいしていきましょう。
公式サイトに書かれている使い方は以下のようなものです。

 

ステップ1

洗顔後の不純物がない状態のお肌にスパチュラひとすくい分のTiMO(ティモ)をとり、目尻にのせます。

 

step1
step1sp

 

 

ステップ2

顔の中心から外側へ、下から上へ持ち上げるように伸ばします。ほうれい線などの気になる部分は重点的に塗りましょう。

 

step2
step2sp

 

 

ステップ3

顔全体ににジェルを伸ばしたら手のひらを使って下から上へマッサージするようになじませます。

 

step3
step3sp

 

 

この3つのステップが基本的なTiMO(ティモ)の使い方になります。
TiMO(ティモ)には90秒で浸透してバルーン効果を発揮してくれるフィフローBTXが配合されているので、最低でも90秒かけてなじませてあげると最大限の効果を引き出すことができます。

 

忙しい朝や疲れている夜などはこの90秒ケアで十分なスキンケアが完了します。

 

 

公式おすすめスペシャルケア

 

公式サイトでおすすめされている週に1度のスペシャルケアです。
フェイスパックのようにしてTiMO(ティモ)を使います。

 

洗顔後に通常の3倍のTiMO(ティモ)を手に取り、顔全体に塗布します。
その後ラップもしくは蒸しタオルで顔を軽く覆い、そのまま10~15分放置します。
放置したあとは洗い流すか蒸しタオルでふき取り、もう一度通常量のTiMO(ティモ)を顔全体になじませて完了です。

 

スペシャルケア
スペシャルケアsp

 

 

シートパックよりもジェルパックのほうが蒸発するスピードがゆっくりなので、時間があるときは更に5~10分放置しても問題ありません。
また目のキワ・口のキワまでジェルを載せることができるので、隅々まで特別なケアができる方法です。

 

 

もっとTiMO(ティモ)を活用しよう!その①

もっとTiMO(ティモ)を活用しようその1
もっとTiMO(ティモ)を活用しようその1sp

 

 

TiMO(ティモ)は顔だけではなく首やデコルテのケアにも嬉しい効果を発揮してくれます。
年齢とともに気になってくる首のシワの改善、デコルテのハイライト効果があります。

 

おすすめの使い方としては基本のお顔のケアが完了した後、スパチュラ半分~1杯分を手に取り、手のひらに広げます。
あご下から手を滑らせて、首→鎖骨→デコルテ→両肩の順でリンパマッサージをするようになじませます。
ポイントとしては耳の裏にある大きなリンパ腺から老廃物を流すようにマッサージすることです。
この時に大切なのは適切な圧力で、強すぎると皮膚と神経が傷ついてしまうので優しく押し流していきましょう。
適度に気持ちいいと感じる強さがベストです。

 

この動作がうまくいかないときは両手をクロスさせてやってみると簡単かもしれません。
右手で左側の耳裏とあご下を掴み、左手で右側の耳裏とあご下を掴みます。
そのまま手を下に滑らせて、右手で左肩方向へ、左手で右肩方向へ押し流します。

首やデコルテは顔の次に
人の目に入りやすい部分です。
入念なケアを怠らないようにしましょう。

 

 

もっとTiMO(ティモ)を活用しよう!その②

もっとTiMO(ティモ)を活用しようその2
もっとTiMO(ティモ)を活用しようその2sp

 

 

TiMO(ティモ)は体に塗っても美肌効果があります。
普段ボディークリームを使っていないという人は、この機会に是非チャンレジしてみてください。

 

効果を実感しやすいのはだと思います。
特に手の甲は普段の何気ない生活を送っているだけでも常に紫外線に晒されている部分で、いくら顔が若々しくても手の甲だけは年齢が隠せないと言われている部位です。
いつものスキンケアのついでに手の甲にも入念に塗りこんであげるだけで、いつまでも若々しい手を保つことができます。

 

また二の腕のブツブツ肘のカサカサにも効果が期待できます。
TiMO(ティモ)の炎症を鎮める効果美白効果高い保湿効果浸透力
陶器のように嫋やかな腕を手に入れましょう。